捨てられたものから、役に立つものを作る

Materials

素材について

「廃棄されるはずだった物」と「環境にやさしい素材」

素材は、廃棄されるはずだったスノーボード・スキー板・LPレコード・フローリング材
そして、環境にやさしいカーボン・アルミニウム

keycabinsはサステナビリティに向き合う事から生まれました

廃棄されるはずだった

スノーボードとスキー板

廃棄物処理センターやスポーツショップと提携して、廃棄されるはずだったスノーボード・スキー板を入手しています。

スノーボードとスキー板は部品・素材ごとに解体され、板から剥がした表面の素材(トップシート)は、keycabinsより一回り大きいサイズに一枚一枚カットされます(写真右)。この時、keycabinsの仕上がりのデザインを考えながら、慎重にカットされます。

それに薄い板を裏打ちした後、keycabinsの形に加工。フロントプレートのデザインに合わせてバックプレートがコーディネートされ、組み立てられます。

スノーボードやスキー板は分解がしづらくリサイクルが難しい製品ですが、解体して部品に分離することで、keycabinsの製品を作ることができるだけでなく、残った部品を素材に応じてリサイクルすることができようになります。

廃棄されるはずだった

中古LPレコード

地元のDJと提携して、不要になったLPレコードを入手しています。

様々なジャンルのレコード盤は、keycabinsより一回り大きいサイズの長方形にカットされます。それに薄板を裏打ちした後にkeycabinsの形に加工。センターラベルがあるプレートがフロントプレート、センターラベルがないプレートをバックプレートにして組み立てられます。

廃棄されるはずだった

フローリング材

地元のフローリング施工業者からフローリング材の残材を購入し、必要な厚さに製材してからkeycabisの形に加工し、オイルを塗って仕上げています。

フローリングの施工業者は、施工する際に5%増しのフローリング材を注文して板数が不足しないようにします。そのため、必ず余りが出てそれらは廃棄されることになります。

天然木タイプは、この廃棄されるはずだった未使用フローリング材から作られています。

環境にやさしい

カーボン素材

カーボン(炭素繊維)は環境にやさしい素材のため採用されています。

カーボンの引張強度は鉄の約10倍、比重は約4分の1。非常に軽いのに、硬くて頑丈、というのがカーボン素材の特長です。レーシングカーをはじめとして様々な最先端機器に使われており、耐水性にも優れています。カーボンの織りは、斜め模様がスタイリッシュな綾織りタイプです。

環境にやさしい

アルミニウム素材

アルミニウムは環境にやさしくリサイクルしやすいため、素材に採用されています。

Upcycle
compact keycase

SWISS MADE