SINCE 2018

keycabins story

私たちのストーリー

From Switzerland

──この物語は、創業者ラインハルト・マルゲリッシュが車にはねられたことから始まる──

以前、私はスイスの金融業界で忙しく働いていました。投資ブローカーとして順調にキャリアを積み、会社を経営して7年目のある日、交通事故にあったのです。車にはねられて両足を骨折するという大事故でした。

病院のベッドで寝ているしかなくなると、これまでにないくらいにゆっくりと時間が流れているように感じられました。私は、この不自由な時間を新たな自分をつくるための機会にしようと、人生と仕事の意義について「本当に今のままでいいのか?」と考えはじめました。

結局、8ヶ月もの間松葉杖で不自由な生活をしたのですが、そのおかげで自分のやりたいことがはっきりとしてきました。「サスティナビリティ」「社会との関わり」「環境に配慮した製品」など、私はこの先、何か社会的に意義のある、創造的な活動をしていきたいと思ったのです。

不思議なものですが、長い療養を終えて2007年インドを旅行しているときに、デリーのゴミの山のなかに車のタイヤチューブが積み上げられているのを見て、「これだ!」とひらめきました。ビジネスの方向性が具体的になった瞬間でした。

私は「捨てられているものから役に立つものを作るビジネスをしよう」と決心しました。これが、最初の「VARGU」というバッグブランドの出発点です。それからさらに2つのブランドを立ち上げて、インドや中国の工場で生産していました。

開発段階のkeycabins

2018年、初期段階に作られたプロトタイプのキーケース。使い古されたスノーボードを使い、ハンドメイドで作られました。

かねてから、自国のスイスで独自に何かできることはないだろうかと模索していたのですが、2018年にようやく、アップサイクル素材を使ったコンパクトなキーケース「keycabins」を開発することができました。

アップサイクルとは、本来であれば捨てられるはずだった物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせて、別の新たな製品にアップグレードしてリサイクルするということです。地元の廃棄物処理センター、床の施工業者、DJ、スポーツショップと提携して、廃棄されるはずだったスノーボードやスキー板、フローリング材、LPレコードには、keycabinsとしての第2の人生が与えられるようになりました。

また、スノーボードやスキー板は分解がしづらくリサイクルが難しい製品ですが、解体して部品に分離することで、keycabinsの製品を作ることができるだけでなく、残った部品を素材に応じてリサイクルすることができようになります。

わたしのデザインは、サスティナビリティ(持続可能性)に向き合うことから生まれます。

「サスティナブル(持続可能)」とは、「次世代の人々のニーズを損なうことなく、現在のニーズを満たすこと。」
(環境と開発に関する世界委員会)

ヨーロッパでは、地球環境に配慮することが社会に浸透しており、「ものを選ぶ」ときの重要な基準になっています。keycabinsを選ぶことは、そのような社会の実現に賛同することでもあります。

今回、日本での販売が決定して、とても嬉しく思っています。日本のみなさんにわたしたちのkeycabinsを手に取って頂きたいと願います。

FORM# 2019 Design Award

スノーボード/スキータイプは、革新的なデザイン性と機能性、製品の持つコンセプトが認められ、「FORM# 2019 Design Award」(ドイツ)を受賞

from Japan

keycabinsジャパンの江村です。
keycabinsに出合ったのは、ドイツの展示会でした。スイスといえば、精密な腕時計やアーミーナイフでよく知られていますね。最初はそんなイメージからkeycabinsに惹かれました。

マルゲリッシュ氏にお話を伺っていると、「これはフローリング材をリサイクルしているんだ」という興味深い言葉が飛び出してきました。リサイクルというと日本では中古品をイメージしますが、フローリングになれなかった新品の廃材をリサイクルしているというのです。木製のkeycabinsを手に取ってみても、元がフローリング材だったようには見えませんでした。

廃棄されるはずだったスキー板やスノーボードから作られたkeycabinsには、さらに魅力を感じました。同じ形なのに、一点一点デザインが異なり、それぞれが個性的で惹きつけられるのです。スキー板やスノーボードの一部を切り出して生まれる図柄には、keycabinsならではのユニークさがあり、しかも、それがサスティナビリティから生まれていることに感動します。

廃棄されるはずだったスノーボードやスキー板から作られた、スノーボード/スキータイプ

ドイツからkeycabinsを持ち帰って、自分の鍵をセットして、初めて自宅のドアを開けたとき、“いつもするはずの音がしない” ことに、意外な心地良さを感じ、心が躍るように嬉しかったことをよく覚えています。そして、「これを日本に紹介したい!」そんな強い想いでクラウドファンディングに挑戦しました。最終的には1,378人の方々から769万円もの応援をいただきました。予想を遥かに超える多くの方々にkeycabinsの魅力を感じていただけたことをとても嬉しく感じました。

Makuakeでクラウドファンディング
目標金額は10万円でしたが、1378人の方々から合計7,698,680円もの応援をいただきました。
目標金額の達成率はなんと7698%で、予想を遥かに超える結果となりました。

ぜひ、keycabinsを手に取って、あなたの鍵をつけて使ってみてください。私が感じたジャラジャラしない心地良さや、“捨てられたものから生まれた新たな価値”を、あなたにも感じていただけるのではないかと思います。